プラセンタ注射のメリットとデメリット


プラセンタとは何なの?

プラセンタとは骨盤のことを意味します。
胎盤は胎児が母親の体内で成長する場合に不可欠なものです。
アミノ酸成分や細胞分裂を刺激する成長因子などの成分が豊富に含まれている特徴があります。

プラセンタの働きによってターンオーバーが活発になります。
体やお肌の損傷した部分が、どんどんと修復されて綺麗になるわけです。

プラセンタを利用する場合は注射を使うケースとサプリメントを接収する場合があります。
注射のほうが効果的だと言われています。

プラセンタ注射のメリットとは?

厚生労働省の認可を受けていますし、医師のアドバイスを受けながらの施術ですから安心できます。
更年期症状の改善・肝機能障害の改善など医療行為の場合は健康保険の適用が受けられます。
リーズナブルな料金で施術してもらえるのは大きなメリットです。

ホルモンバランスも正常化されて、免疫力もアップします。
疲労回復ができるのは血行促進されて新陳代謝が活性化するから。
アトピー性皮膚炎や花粉症などの抗アレルギー作用も期待できます。

サプリメントでの摂取と比較すると直接体に注入します。
即効性があり、効果も感じやすいですね。
ビタミンCと組み合わせて注射すると美容効果もアップします。

プラセンタ注射のデメリットとは

軽い副作用があります。
注射した患部が赤くなったり、痒みがあったり、固くなるケースもあります。
レアケースですが、過敏症やアレルギー反応が報告もあるのです。

また毎回医療機関に通院するのも面倒。
美容目的の場合は、健康保険が適用できず自由診療になりコストもかかります。

安全性は100パーセントに近いですが、プランセンタとヤコブ病の因果関係も解明されていません。
一度プラセンタ注射を受けると献血ができないのもデメリットに上げられるでしょう。

メリットとデメリットを見極めて利用してください。

関連サイト:プラセンタ注射・点滴