ボトックス注射は従来の施術とどこが違うの?


ボトックス注射は従来の施術とどこが違うの?

メスを使わないプチ整形の施術です。
従来はメスを使って皮膚を切除していました。
顔の皮膚を後に引っ張り縫い合わせるというオペ治療が一般的だったのです。

しかし、ボトックス注射ができて心身の負担が軽減されました。
効果は数カ月で消えます。
施術の結果が希望したものでなくても、時間経過によって元に戻るわけです。

手軽な印象がありますが、確実な医療技術を要求されます。
経験豊富な医師を見つけることがポイントになります。

ボトックス注射のメリット

ダウンタイムがほとんどないことです!
メスを使う切開施術ではないですから、回復するまでの期間がほとんどありません。

カウンセリングによってボトックスの注入量や注射をする場所や深さを調整します。
細かいデザインをできるのもメリットです。

注射当日からシャワーやメイクもできます。
効果はゆっくりとでて自然に変化しますから、周囲にバレることもないです。

ボトックス注射のデメリット

効果が実感できるまで日数がかかることでしょう。
表情ジワの解消ならば、ボトックス注射をしてから3日ほど必要です。
小顔効果ならば、早くて2週間・遅いと1か月はかかります。

即効性がないことはデメリットと言えますが、極端に変わるとボトックス注射したことがバレバレです。
1度で半永久的に継続する施術ではありません。
一般的には3か月から半年程度。

施術時は麻酔をして注射の痛みを緩和できます。
しかし、圧迫感の痛みはあります。
注入した部分に内出血や腫れがある場合もありますが、数日で収まります。

ダウンタイムですが、ボトックス注射の場合は、針の跡も目立ちません。
外傷的なダウンタイムは少ないとされています。
額にボトックス注射した場合に、目が小さくなった風に見えますが、これも少しずつ改善されますね。

関連サイト:ボトックス注射