最近話題のアンチエイジング法『PRP注入療法』


『PRP注入療法』とは?
美容整形で人気のアンチエイジング治療には、「切る治療」と「切らない治療」があります。
この『PRP注入療法』は「切らない治療」の1種で、最近、非常に注目を浴びている治療法となっています。

『PRP注入療法』は自分自身の血液中に含まれている血小板を利用します。
血小板は止血や組織修復に使用される血液成分で、傷ついた細胞組織を修復させる働きを持ちます。
『PRP注入療法』は、細胞に“傷ついた”と錯覚させて自然治癒力を高め、コラーゲンなどを増殖させる医療法となっています。

『PRP注入療法』の特徴
多くのアンチエイジング術が医療用の人工物を用いて行なうのに対し、
この『PRP注入療法』は自分自身の血液を利用して行うので、体内に異物を混入させる必要が無いのが特徴として挙げられます。
異物の混入が無いため人体に優しく、異物反応が起こらない安全な美容整形術として注目されています。

『PRP注入療法』の治療方法
『PRP注入療法』を希望する場合は、まずカウンセリングに採血を行います。
その採血された血液を遠心分離器にかけ、血漿成分・血球成分・血小板成分に分離させます。
その中から血小板成分のみを利用するのが『PRP注入療法』です。

『PRP注入療法』は、そうして取り出した自分自身の血小板成分を注入するだけの治療法ですので、非常に短時間で施術が済んでしまいます。
施術後は、アルコールの摂取と過激な運動のみを控えれば、あとはいつも通りの生活を送る事が出来ます。

PRP注入療法